「演劇の街」をつくった男 本多一夫と下北沢

2017年で開場35周年を迎えた本多劇場(東京・下北沢)。その長年の功績を称え、今年の第52回吉川英治文化賞(主催/公益財団法人吉川英治国民文化振興会)に続き、評伝と演劇人の証言から成る、本多一夫語り+徳永京子著『「演劇の街」をつくった男 本多一夫と下北沢』(ぴあ)が9月28日に発売されました。

演劇最強論-ing

『演劇最強論』(飛鳥新社、2013年)の著者である徳永京子氏(演劇ジャーナリスト)と藤原ちから氏(批評家、編集者、BricolaQ主宰)が、ローソンチケットの協力で小劇場応援サイト「演劇最強論-ing」(えんげきさいきょうろん・あいえぬじー)を7月24日オープンしました。

»Read more コメントは受け付けていません。

徳永京子+藤原ちから著『演劇最強論』

当初は2012年11月発行とされていた徳永京子+藤原ちから著『演劇最強論』(飛鳥新社)ですが、発行時期がずるずると延び、ネット書店から5月27日に下記案内が届いて、申し込んでおいた予約がキャンセルとなりました。

»Read more コメントは受け付けていません。