毎日新聞大阪本社版が1月4日と11日の夕刊に、特集記事「小劇場文化を支える」を掲載しました。執筆は関雄輔撮記者。

ビジネスパーソンのための文楽のすゝめ

12月9日、とても気になる本が出ました。竹本織太夫監修『ビジネスパーソンのための文楽のすゝめ』(実業之日本社)です。

毎年掲載している全国紙の演劇回顧記事ですが、今年は産経新聞が見当たりません。本日まで待ちましたが、ネットへの掲載もありませんし、G-Searchの提供する有料データベース「産経新聞記事情報」でもヒットしませんでした。文芸、漫画、美術や大阪夕刊独自の伝統芸能はありますが、演劇がないのです。産経は演劇回顧をやめたのでしょうか。飯塚友子記者の記事が読めないのは残念です。

劇団晴天『共演者』

ヤフー株式会社が提供するソーシャルチケットサービス「PassMarket」は、事前決済とeチケット機能を備え、Yahoo! JAPAN IDがあればコンビニ決済も可能なことから、小劇場演劇でも採用する団体が増えています。

風姿花伝プロデュース『終夜』

シアター風姿花伝(東京・中落合)が年1回上演する「風姿花伝プロデュース」の名物が、ロビースペースでの特設カフェ営業です。今年のvol.6『終夜』(2019/9/29~10/27)でも、さらに進化した形で提供されました。

鳥公園『終わりにする、一人と一人が丘』

鳥公園(本拠地・東京都)が2018年5月から不定期連載している「長いチラシ」。19年11月に上演する2年ぶりの新作『終わりにする、一人と一人が丘』に向け、宣伝美術の鈴木哲生氏が主宰の西尾佳織氏と対談形式で、創作に伴走しながら宣伝美術の制作ドキュメントを伝えています。従来のチラシやポスターだけではない、そこに至るまでの過程そのものが鳥公園の魅力だということを伝えようとする試みです。

広がるフライヤー 展覧会、舞台・映画、イベントを表現するチラシのアイデアとテクニック

小劇場演劇を含む最新のチラシ集『広がるフライヤー 展覧会、舞台・映画、イベントを表現するチラシのアイデアとテクニック』(ビー・エヌ・エヌ新社)が1月25日に出ています。2014年の『フライヤーのデザイン 人を集めるチラシのアイデア』、2016年の『伝える、広める、人を集めるフライヤーのデザイン』に続く第3弾です。

日本劇団協議会機関誌『join』93号

3月末に出た日本劇団協議会機関誌『join』93号では、恒例のアンケート特集「私が選ぶベストワン2018」を掲載しています。今回から「女優」「男優」が「主演俳優」「助演俳優」に変わりました。回答者は過去最多の93名でした。5票以上集めたものを紹介します(敬称略)。

OMS戯曲賞20年記念誌『言葉の劇場』

OMS戯曲賞(主催/大阪ガス株式会社)が25周年を迎えたのを記念し、動画配信サービス「観劇三昧」を運営する株式会社ネクステージ(大阪市)が、コラボレーション企画として特設サイトを開設しました。

»Read more コメントは受け付けていません。