『TV Bros.』「2015年のベスト演劇」はパルコ『幕が上がる』、劇団太陽マジック『ゆらり2015』、岩井秀人×快快『再生』

in 備忘録 on 2015年12月26日

Pocket

TV Bros (テレビブロス)2015年12月19日号

充実したコラム群でサブカルチャー誌と呼んでもいい『TV Bros.』。12月19日号で「2015年のベスト演劇」が掲載されています。

3人のライターによる振り返りで、次のように表現しています。順位をつけているわけではありませんが、それぞれ最初に挙げた作品の舞台写真が掲載されていますので、これがベスト扱いです。これ以外に言及している作品もあります。

土佐有明選

  • パルコ『幕が上がる』
    秀逸な現代口語演劇に仕上がっていた
  • 月刊「根本宗子」など根本宗子の活躍
    独創的な境地に達している彼女を今を見逃すべきではない
  • 革命アイドル暴走ちゃん『Rebirth オーストラリア凱旋ver.』
    痛快かつ奇異な光景として今も脳裏に焼きついている

枡野浩一選

  • 劇団太陽マジック『ゆらり2015』(9月に「TAIYO MAGIC FILM」に改名)
    物語に揺さぶられたという意味で最も印象に残りました
  • 玉田企画『果てまでの旅』
    ただただ楽しく、演劇に興味を持てない層にもウケそう
  • 切実『ふじきみつ彦・山内ケンジ傑作短編集』
    お笑いと演劇のあいだに立つような軽やかな試み
  • 明日のアー『ふたりのアー』
    お笑いや演劇を専業にしていない、面白い演じ手がこんなにいるのか
  • にがウーロン『ライスケーキパウンディングパーティ』
    既存のお笑いの文脈からは微妙にずれていて、演劇の枠組みの中にもいない
  • ナカゴー『率いて』
    今年もあらゆるお笑いのトップを走っていた
  • FUKAIPRODUCE羽衣『アンデルセン童話集』
    オリジナル曲の作風の幅をひろげる好企画

前田隆弘選

  • 岩井秀人×快快『再生』
    大音量の音楽×酷使される肉体にイマジネーションを強く刺激される舞台だった
  • 小松台東『想いはブーン』、ブス会*『お母さんが一緒』
    「地に足の着いた現代性」が織り込まれていた
  • ナカゴー『率いて』、切実『ふじきみつ彦・山内ケンジ傑作短編集』
    「常軌を完全に逸脱した狂気と表裏一体になっている」

首都圏の方でも初耳の名前があるかと思います。新聞の回顧記事だけがすべてではありません。

演劇関係者なら、テレビ情報誌は『TV Bros.』がオススメです。なにより批判精神があるし、私の知っている演劇人は『TV Bros.』派が多いです。隔週刊テレビ情報誌でいちばん安いし。

Comments are closed.