講義資料を全公開している立命館大学・宿南達志郎教授「情報経済と文化/文化経済論」、制作者も参考になる内容が盛りだくさん

in 備忘録 on 2015年8月15日

Pocket

立命館大学映像学部の宿南達志郎教授が、大学院や学部の講義で使用したPowerPointをそのまま全部ネットで公開しています。

「授業資料」の科目をクリックし、各回のタイトルにリンクされているPDFがそうです。2015年度はまだ前期分しかリンクされていませんが、過去の講義資料も公開されているため、14年度の内容でいいなら先にわかります(「過去の講義資料」2014年度はリンク切れになっていますが、配下のファイルは存在します)。無料オンライン教育の一種ですね。

映像だけでなく、メディアとコンテンツ全般を扱い、舞台芸術ではオーケストラ業界の分析や事例研究もされています。舞台芸術の制作者としては、学部生向け「情報経済と文化/文化経済論」が最も関連する内容だと思いますので、14年度の同タイトルの回にリンクしておきます(今年度分はもちろん最新の内容にブラッシュアップされると思います)。

情報経済と文化/文化経済論

※他の回が見たい場合は、URLのファイル名の日付を7日単位で変えてください。

兵庫県立芸術文化センター管弦楽団についてもっと知りたい方は下記を。

チケットを売り切る劇場: 兵庫県立芸術文化センターの軌跡 (文化とまちづくり叢書)
垣内 恵美子 林 伸光
水曜社
売り上げランキング: 289,419

Comments are closed.