イープラスのスマホアプリ「チラシステージ」はチラシが全く異なる客層の目に触れるチャンス、イープラスにチケット販売委託しなくても掲載無料なので必ず載せよう

in 備忘録 on 2015年12月30日

Pocket

チラシステージ

イープラスが6月30日にリリースしたスマートフォン用無料アプリ「チラシステージ」は、チラシ両面を拡大して細部まで見ることが可能なギャラリーです。好きなチラシはダウンロードして保存することも出来ます(一部例外あり)。

最大の特徴は、イープラスが運営しているにもかかわらず、イープラスにチケット販売委託していない公演も同等に扱っていることです。公演規模も関係なく、大劇場公演の隣にマイナーなカフェ公演のチラシが同じ大きさで表示されます。並び順は「新着順」「人気順」「おすすめ」「ただいま公演中」「チケットあり」がありますが、イープラス扱いがなくても「おすすめ」「チケットあり」以外は無関係です。

デフォルトの並び順は閲覧数による「人気順」のため、チラシのインパクトがあれば小劇場系も上位に表示されることがあり、普段とは全く異なる客層の目に触れる可能性が高いです。劇場で配布するチラシ束とは異なる効果が期待出来ます。チラシのビジュアルに自信があるなら、ここに掲載しない手はないでしょう。実際に、同じインターフェイスを持つ同社の展覧会チラシアプリ「チラシミュージアム」では、小規模な展覧会が閲覧数1位となり、大幅に動員を伸ばしたそうです。

エリアが「全国」「関東」「関西」しかないのは残念ですが、関東・関西以外の小劇場系も掲載が増えてきました。こうした〈置きチラシ的な〉サイトやアプリはほかにもありますが、「チラシステージ」は大手プレイガイドが提供しているため、多様な観客に見てもらえることが最大のアドバンテージです。制作者ならいますぐ掲載しましょう。

チラシの掲載は、パソコンの管理画面からになります。詳しい案内資料FAQサイトも用意されています。

なお、拡大すると画像が荒くなるチラシが散見されます。出来るだけ高解像度(1ファイル2MBまで、100ファイルまで登録可能)にしたほうがいいでしょう。

Comments are closed.