この記事は2013年4月に掲載されたものです。
状況が変わったり、リンク先が変わっている可能性があります。

『SPT』が小劇場系演劇人中心の読書特集、『田宮模型の仕事』を選んだ詩森ろば氏が渋い

in 備忘録 on 2013年4月13日

Pocket

SPT 09 特集  本棚のなかの劇場---「劇的なる本」235冊

世田谷パブリックシアターによる劇場のための理論誌『SPT09』が、4月8日発売されました。特集は「本棚のなかの劇場──『劇的なる本』235冊」。同誌初めての読書特集で、あえて演劇書の枠組みを外し、「演劇的発想を刺激する本」「あなたにとっての劇的なる本」を選んだそうです。

登場する演劇人65名はほとんどが小劇場系です。そのうち、販売元の工作舎による厳選20冊がこちら。『田宮模型の仕事』を選んだ詩森ろば氏が渋い。

これに関連し、青山ブックセンターが本誌で紹介された本のフェアを4月13日から六本木店、4月15日から本店でするそうです。

Comments are closed.