細川展裕氏の自叙伝『演劇プロデューサーという仕事 「第三舞台」「劇団☆新感線」はなぜヒットしたのか』が10月25日発売

in 備忘録 on 2018年9月30日

Pocket

演劇プロデューサーという仕事: 「第三舞台」「劇団☆新感線」はなぜヒットしたのか

第三舞台プロデューサーを経て、現在は劇団☆新感線エグゼクティブプロデューサーである細川展裕氏(ヴィレッヂ会長)の自叙伝、『演劇プロデューサーという仕事 「第三舞台」「劇団☆新感線」はなぜヒットしたのか』(小学館)が10月25日発売されます。

演劇は興行です。興行はお金を集めます。お金は雇用を生みます。社会と演劇はそこで繋がります。したがって、演劇プロデューサーの仕事とは、「演劇を通して雇用を生み出すこと」であると信じています

(序章より)

かなり真面目な興行論のようで、素顔を知る周囲の演劇人からは驚きの惹句が寄せられ、ご本人も「意外と良い出来」と語っているそうです。鴻上尚史氏、古田新太氏、いのうえひでのり氏との対談・鼎談も収録されています。

小劇場系としては最大の動員数を誇る劇団☆新感線の飛躍の秘密が明かされるのと共に、第三舞台の熱気を甦らせてくれることを期待して、発売を待ちます。

なお、刊行記念の細川展裕×鴻上尚史×古田新太トークショー「芝居のウラとオモテ、すべて話します」が、11月11日に紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA(東京・新宿)で開催されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>