京都・アトリエ劇研が支援会員制度を創設し、こまばアゴラ劇場支援会員制度と制度そのものを共有へ

in 備忘録 on 2015年1月8日

Pocket

2014年9月にあごうさとし氏がディレクターに就任したアトリエ劇研(京都・下鴨)では、15年度から支援会員制度を創設し、こまばアゴラ劇場(東京・駒場)の支援会員制度と制度そのものを共有するそうです。

準備中の応募概要を見ると、こまばアゴラ劇場特別賛助会員(年会費3万円)と同額の「アゴラ劇場提携支援会員」になると、こまばアゴラ劇場全公演に加え、アトリエ劇研全公演が観られるようです。制度の共有とのことですので、こまばアゴラ劇場側の会員制度にも、アトリエ劇研での観劇特典が記載されるものと思われます。

Comments are closed.