こまばアゴラ劇場と京都・アトリエ劇研の支援会員制度共有が2016年度から津あけぼの座、松山・シアターねこへ拡大

in 備忘録 on 2016年1月9日

Pocket

こまばアゴラ劇場(東京・駒場)とアトリエ劇研(京都・下鴨)共有している支援会員制度が、2016年度より津あけぼの座(津市)、シアターねこ(松山市)に広がることが、アトリエ劇研から正式に発表されました。

劇場支援会員制度は、2016年度より東京こまばアゴラ劇場の他、三重の津あけぼの座、愛媛のシアターねこ、と計4館の全国的な提携事業に拡大します。1枚の会員証で、4つの劇場の観劇が原則フリーとなります。支援とは、多くの皆様にご観劇を頂くことです。皆様にご覧頂くことによって、作品も劇場文化も育まれます。

アトリエ劇研サイト

アトリエ劇研は17年8月末の閉館が発表されていますが、その意思は継続されていくものと思います。

Comments are closed.