「名古屋演劇アーカイブ」で連載「全国制作者ブログリレー」が進行中、各地から注目の寄稿

in 備忘録 on 2015年5月2日

Pocket

演劇情報ポータル「名古屋演劇アーカイブ」が2014年夏から連載を始めた「全国制作者ブログリレー」。現在7名まで進みました。名古屋発のサイトですが、その名のとおり全国をリレーしています(敬称略)。

  1. 大阪  若旦那家康(コトリ企画、ROPEMAN)
  2. 東京  堤佳奈(こまばアゴラ劇場、青年団制作部)
  3. 北九州 鄭慶一(枝光本町商店街アイアンシアター)
  4. 北九州 黒﨑あかね(北九州芸術劇場)
  5. 福岡  村上差斗志(14+)
  6. 熊本  古殿万利子(劇団きらら)
  7. 大阪  笠原希(ライトアイ)

3番目に登場する鄭氏の率直な思いは、ぜひ多くの演劇人に読んでもらいたいと思います。こうした普通の感覚を忘れてはならないと思います。2月に掲載されたアサヒ・アート・フェスティバルのコラムと合わせて読むといいでしょう。

6番目に登場する古殿氏が紹介する熊本の公演状況を見ると、いま注目のツアー先であることがよくわかります。チェルフィッチュが本拠地を移したこともありますが、2011年からイベント利用を始めた早川倉庫の存在が大きいと思います。早晩、九州の小劇場のメッカになるのではないでしょうか。

次は札幌で演劇制作会社ラボチを始めた小室明子氏です。北海道にバトンが渡ります。

Comments are closed.