この記事は2013年6月に掲載されたものです。
状況が変わったり、リンク先が変わっている可能性があります。

なにも知らない制作者に見えるが、もしかしたら地域で演劇を続けるモチベーションに関わることかも知れない「Yahoo!知恵袋」の質問

in 備忘録 on 2013年6月2日

Pocket

「Yahoo!知恵袋」に5月に書かれた質問より。

劇団付きの制作さんについて。
舞台がある場合は、諸々の手配や管理をしますよね?
では、舞台がない時は何をしてるのでしょう?

やはり、事務ですか?

自分は一応、劇団付きの制作という形になっていますが、舞台は二・三年に一本あるかないかで自分が調べた“制作”と言うものは“舞台において”の制作の仕事であり、舞台がない今現在、誰でもいい様な雑務ばかりしている様で納得いってないんです。

Yahoo!知恵袋「劇団付きの制作さんについて。舞台がある場合は、諸々の手配や管理をしますよね?…」

複数の方が回答を寄せていますが、この質問者は、なぜ公演が2~3年に1本あるかないかなのかを説明すべきでしょう。都市部でこの頻度は考えにくいので、演劇自体がめずらしい地域の話かも知れません。だとしたら、演劇への接し方自体も異なってくるわけで、そもそもどうやってモチベーションを維持するのかといった、根源的な話題に発展したかも知れません。

回答自体は間違っていないのですが、前提条件が不明なままなので、これだけでは解決するとは思えません。よい回答を得るためには、よい質問をすることが重要だと感じさせる一例です。

Comments are closed.