「札幌観劇人の語り場」で異彩を放つ企画コーナー「マサコさんの部屋」。なるほど、あの人が書いていたのか

in 備忘録 on 2018年7月1日

Pocket

オープンから1年経った「札幌観劇人の語り場」。ここで異彩を放つのが、「マサコさんの部屋」という企画コーナーです。

このサイトの寄稿者である「マサコさん」は、オープン後から辛口のレビューを書いている方で、東京にも頻繁に足を伸ばし、演劇人とも直接連絡を取っているなど、観客の域を超えた行動力が目立ちます。どんな方なんだろうと思っていたら、第66回全道高等学校演劇発表大会で審査員を務めたとの記述があり、そこから調べてわかりました。なるほどという感じです。

「マサコさん」が本領を発揮し始めたのが、昨年11月の和田研一氏(BLOCH代表)への特別寄稿「新人賞から見える若手事情  ―BLOCH支配人に聞いてみた―」。今年からは、「マサコさんの部屋」という独立した企画コーナーを持つようになりました。

最初の2回は札幌公演と関連づけたレビュー&プレビューでしたが、3回目に爆発します。なんと、山田百次氏(劇団野の上、ホエイ)に北海道大学のカフェでホエイを食べてもらうという企画。

「札幌座『暴雪圏』出演のホエイ 山田百次と『北大マルシェ カフェ&ラボでホエーとモッツアレラの野菜グラタンを食べる』の巻」

第4回になると、札幌の演劇人に読ませたいがために日澤雄介氏(劇団チョコレートケーキ)にインタビュー。過去に北海道で市民劇や公演があり、8月に演出を務めるon7『その頬、熱線に焼かれ』北海道巡演があるとはいえ、ちょっと唐突に思えますが、東京でトム・プロジェクトプロデュース『Sing a Song』をご覧になって、この記事を企画したのでしょう。「マサコさん」は、「札幌で演劇を観ていると、『何だか嘘っぽいな』と感じる作品によく出合う」そうで、挑戦的な記事だと思います。

「うそがない演技を求めて―劇団チョコレートケーキ主宰で演出の日澤雄介に聞く」

第5回は、iaku『粛々と運針』のプレビュー。ぜひ公演後のレビューも読んでみたいと思います。

「4年ぶりに札幌公演を行うiaku、新たな挑戦を横山拓也に聞く」

人口を考えると、札幌は日本で最も演劇が盛んと言っていいい街です。けれど、「マサコさん」の厳しい指摘を読むと、クオリティの面でまだまだ課題があるのかも知れません。常に東京と対比しながら、地元に客観的な目配りをしている「マサコさん」の存在は、貴重ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください