山田宏平氏の「カフェアドバイジング」、コーヒー代だけで相談出来る贅沢なひととき

in 備忘録 on 2016年4月29日

Pocket

実力派俳優として知られる山田宏平氏が、「カフェアドバイジング」という試みを続けています。

カフェで2時間ほど俳優の課題を聞くもので、参加された方のブログによると、

アドバイスを受ける、というより、演劇や演技、俳優のことを色々とおしゃべりする、という感じ。

稲垣干城の、ブログ。「会う。カフェアドバイジング。」

数年前から行なわれているようですが、最近は詳しい予約方法を明記されています。

カフェアドバイジング予約受付中!

いろいろな方の演劇や演技の話を聴きたいと思って始めました。
現場ではじっくり話しにくいことを話したいかた、
演技についての疑問やトレーニング方法について考えてるかた、
少し行き詰ってて気分転換したいかたなど、いろいろな目的のかたに活用されています。

1回2時間。お代は無料です(アドバイジング時の二人のコーヒー代だけご負担下さい)。
希望される方は山田 bbkyamada*k6.dion.ne.jp(*を@に替えて下さい)まで
タイトル「カフェアドバイジング希望」、
希望日時、場所(日暮里~渋谷、三軒茶屋、溝の口)を明記の上、ご連絡下さい。
上記のスケジュール以外の日にちを希望される方も、可能な限り対応しますので、ご相談下さい。

コーヒー代だけで、ゆっくりじっくり演劇の話をしましょう。

山田宏平の今とこれから「このブログについて/更新情報」

私も制作ワークショップで感じてきたことですが、抱えている課題は一人一人異なり、一般論を伝えても、それを咀嚼して個別のケースに応用するには、また別の能力が求められます。こうして対面で悩みを聞いてもらうことが、解決につながる場合もあるでしょう。

そもそも、同じカンパニーや座組にならない限り、先輩にサシで相談出来る機会は稀だと思います。というか、自分でアポを取って相談に行けるような人なら悩まない。そうではない人が圧倒的なので、こうした開かれた場が求められているのだろうと思います。

山田氏ほどのキャリアなら相談料を取っていいはずですが、逆にそのキャリアがあるからこそ、こうした場が不足していることを感じ、無償で活動されているのだと思います。

首都圏以外の演出家や俳優も、上京のタイミングに合わせて連絡を取ってみてはいかがでしょうか。山田氏とじっくり2時間語り合えるなんて、なんて贅沢なことかと思います。

Comments are closed.