故・大竹野正典氏自身を描いたオフィスコットーネプロデュース『埒もなく汚れなく』、大阪「スペースゼロ」で競い合った後藤ひろひと氏・青木秀樹氏がチラシにコメント

in 備忘録 on 2016年5月6日

Pocket

オフィスコットーネプロデュース『埒もなく汚れなく』

故・大竹野正典作品の発掘上演を続ける綿貫凛プロデューサーのオフィスコットーネ(東京都世田谷区)が、今度は大竹野正典氏自身の人生を描いたらちもなくけがれなく』(6/1~6/12、下北沢・シアター711)をプロデュース公演します。

作・演出は瀬戸山美咲氏(ミナモザ主宰)。大竹野正典役は西尾友樹氏(劇団チョコレートケーキ)が演じます。これは、今年の第23回読売演劇大賞優秀作品賞を受賞したミナモザ『彼らの敵』(今夏3演目決定)と同じ顔合わせ。妻役は占部房子氏。共演陣も豪華です。

舞台化に際しては、関西のご家族や芝居仲間に取材。遺作となった『山の声』(第16回OMS戯曲賞大賞)と絡めながら描くとのことです。

大阪・堂島にあった小劇場「スペースゼロ」で、大竹野氏が主宰していた犬の事ム所(現・くじら企画)と競い合った後藤ひろひと(元・遊気舎座長)、青木秀樹(クロムモリブデン主宰)の両氏が、チラシにコメントを寄せています。ふざけたコメントに見えるかも知れませんが、これが二人の愛情表現だと思います。

東京だけの上演なのが残念です。ぜひ、大竹野氏の地元・大阪で上演していただきたいものです。

Comments are closed.