日本劇団協議会機関誌『join』アンケート特集「私が選ぶベストワン2018」、過去最多の93名が回答

in 備忘録 on 2019年4月21日

Pocket

日本劇団協議会機関誌『join』93号

3月末に出た日本劇団協議会機関誌『join』93号では、恒例のアンケート特集「私が選ぶベストワン2018」を掲載しています。今回から「女優」「男優」が「主演俳優」「助演俳優」に変わりました。回答者は過去最多の93名でした。5票以上集めたものを紹介します(敬称略)。

  • 作品(52作品)
      9票 パルコ『チルドレン』
      6票 二兎社『ザ・空気 ver.2 誰も書いてはならぬ』
      5票 演劇集団円『藍ノ色、沁ミル指ニ』
      5票 KERA・MAP『修道女たち』

  • 主演俳優(60名)
    12票 蒼井優『スカイライト』『アンチゴーヌ』
      5票 藤山直美『おもろい女』

  • 助演俳優(66名)
      5票 浅野雅博『赤道の下のマクベス』『スカイライト』『Out of Order イカれてるぜ!』
      5票 松尾貴史『ザ・空気 ver.2 誰も書いてはならぬ』

    ※主演・助演で票が分かれた松下洸平『母と暮らせば』『スリル・ミー』は計6票、岡本健一『ヘンリー五世』『岸 リトラル』『グレイクリスマス』は計5票。

  • 演出家(53名)
    16票 栗山民也『チルドレン』『母と暮らせば』『アンナ・クリスティ』『アンチゴーヌ』『夢の裂け目』『ピアフ』『シャンハイムーン』『ヘッダ・ガブラー』
      6票 小川絵梨子『マクガワン・トリロジー』『スカイライト』『FUN HOME』

  • スタッフ(47名)
      8票 荻野清子(音楽)『日本の歴史』
      7票 杉山至(美術)『首のないカマキリ』『山山』『正面に気をつけろ』『グッド・バイ』『忘れる日本人』『自慢の息子』『アトムが来た日』『埋める女』『わたし、と戦争』『海辺の鉄道の話』
      6票 二村周作(美術)『スカイライト』『1984』『生きる』『ヘッダ・ガブラー』
      5票 伊藤雅子(美術)『砂塵のニケ』『道』『The Silver Tassie 銀杯』

  • 戯曲(44作品)
      8票 平田オリザ『日本文学盛衰史』
      6票 長田育恵『豊穣の海』
      5票 長田育恵『砂塵のニケ』

    ※長田育恵は『海越えの花たち』と合わせると計13票。

  • ノンジャンル(64件)
    5票以上はなし

  • 団体(51団体)
      5票 彩の国さいたま芸術劇場(さいたまゴールド・シアターの成果)
      5票 オフィスコットーネ(大竹野正典作品連続上演の成果)
      5票 パラドックス定数(シアター風姿花伝での野木萌葱作品連続上演の成果)
      5票 パルコ(先鋭性と娯楽性を兼ねた制作姿勢)

    ※彩の国さいたま芸術劇場はさいたまネクスト・シアターと合わせると計6票、パラドックス定数はシアター風姿花伝と合わせると計6票。

93名でこの分散なので、いかに多様性に富んでいるかがわかります。ちなみに私自身のベストワンはこちらです。

スタッフで制作者の名前が挙がったのは綿貫凛氏(オフィスコットーネ)だけでしたが、『山の声 ―ある登山者の追想』で自ら演出を務め、話題になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください