関西旅公演に最適の厚遇企画、伊丹AI・HALLの次世代応援企画「break a leg」が2017年5月~6月開催分を公募開始、今年は中堅のミナモザが公演

in 備忘録 on 2016年6月6日

Pocket

AI・HALL次世代応援企画「break a leg」

関西の公共ホールとして長年に渡って小劇場演劇を支援してきたAI・HALL(兵庫県伊丹市)が、2012年度から実施している次世代応援企画「break a leg」。同年施行された劇場法(劇場、音楽堂等の活性化に関する法律)に基づく、文化庁「劇場・音楽堂等活性化事業」の補助事業です。

劇場費無料で、チケット収入も全額上演団体に入る厚遇の企画です(ただし、関西の劇場で設定されている管理人件費は上演団体の負担)。費用面も魅力ですが、関西を代表する演劇・舞踊専用ホールで最大300席と中劇場並みのキャパがあること、全面可動床で旅公演でも他劇場と同じ舞台面が設営可能なこと、劇場側が制作協力してくれることなど、他地域からの旅公演に組み込むのに最適な企画だと思います。

「次世代応援企画」と銘打たれていますが、今年は01年旗揚げで15年目のミナモザが採択されましたので(上演作品『彼らの敵』は今年の読売演劇大賞優秀作品賞を受賞)、AI・HALLを使ったことのないカンパニーなら中堅でも充分可能性があると思います。これまでの採択結果は次のとおりです。

年度 応募数 採択数 採択団体
2012 26団体 3団体 baghdad cafe(大阪)、双子の未亡人(京都)、冨士山アネット(東京)
2013 13団体 2団体 劇団子供鉅人(大阪)、オイスターズ(名古屋)
2014 不明 2団体 コトリ会議(大阪)、FUKAIPRODUCE羽衣(東京)
2015 不明 1団体 匿名劇壇(大阪)
2016 9団体 2団体 夕暮れ社 弱男ユニット(京都)、ミナモザ(東京)

複数団体を採択する場合、1団体は関西以外の実力派カンパニーが選ばれていますので、他地域から応募する価値は高いと思います。公演時期が指定され、17年度は次の3週末からの選択になります。結果は9月下旬に発表予定なので、他の助成金申請にも影響ありません。

  • 2017年(平成29年) 5月25日(木)~28日(日)
  • 2017年(平成29年) 6月8日(木)~11日(日)
  • 2017年(平成29年) 6月22日(木)~25日(日)

17年度の応募受付は16年7月1日~18日22時必着。応募要項はこのページの下にあります。

「break a leg」はパフォーマーに向けた「成功を祈る」というイディオム。なぜ、こんな言い方をするのかはこちら

Comments are closed.